年未詳七月七日付前田利長書状(神尾之直宛) ねんみしょうしちがつなのかづけまえだとしながしょじょう(かみおずしょゆきなおあて)

権利者:高岡市立博物館蔵

文書・書籍 / 富山県 

前田利長 (1562~1614)
まえだとしなが
富山県高岡市
(慶長14年頃)7月7日付/(1609頃)
紙本・墨書
縦35.0cm×横52.0cm
1
富山県高岡市古城1-5
資料番号 1-01-7
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

 越中の中央を流れる神通川の渡しを草島・千原崎(富山市)で行ってほしいという願いを許可し、さらに町立てと諸役(労働や税)免除の特権も認めている。慶長14年(1609)、神通川河口にあった岩瀬渡が海岸浸食と氾濫によって退転したので、利長はやや上流の草島に渡しを新設した。高岡と魚津を結ぶ軍用路・藩主往還路(北陸街道)として機能するようになった。
駒井中務少輔守勝に相談せよと、宛先の神尾図書之直に命じている。

【釈文】

(端裏上書)
「(切封) つしよ(神尾図書) はひ(利長)
         参            」
此かきつけくさしま
ちハらさきの百せう
あけ候、此わたりの
          事ハ
申つけ候て、よき所に
まちをたて、やくを
          ゆるし
申候へと申候へく候、何と申
つけ候てよく候わんや、
中少(駒井中務少輔)なとそうたん候て
申つけられ候へく候、
          かしく
     七月七日

作品所在地の地図

関連リンク

年未詳七月七日付前田利長書状(神尾之直宛)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

年未詳五月三十日付前田利長書状(駒井中務少輔他一名宛)
書状
書状

高山右近筆

年未詳九月十日付前田利長書状(駒井中務少輔宛)
年未詳六月十二日付前田利長判物(いなの徳左衛門宛)
天正十三年閏八月二十五日付 前田利勝判物(二上渡守かた宛)
ページトップへ