年未詳四月四日付前田利光書状(後欠) ねんみしょうしがつよっかづけまえだとしみつしょじょう こうけつ

文書・書籍 / 江戸 / 富山県 

前田利光 (1594~1658)
まえだとしみつ
富山県高岡市
江戸時代初期
紙本・継紙(元は折紙)・墨書
19.5㎝×89.5㎝
1
富山県高岡市古城1-5
資料番号 1-01-150

 加賀前田家3代当主・前田利常が「利光」と名乗っていた時代(1601~29年)の書状。残念ながら宛所の記載はなく、後欠の可能性もある。
 意訳すると、「石花(テングサ)一折が贈られてきた、大変嬉しく思っている。そして、病床にある前田利長(利光義兄)様の高岡城へ見舞いの道中だが、今日、今石動(現小矢部市)に到着した。何事も無ければ、やがて金沢城へ帰る。ゆるゆると湯治されてくださいとのこと、もっともである」となろうか。

 本史料は木倉豊信氏が紹介する「上坂家文書(こうさかけもんじょ)」目録の26号(『富山史壇』33、1966.3)。木倉氏は年代を慶長19(1614)年と推測しているが、根拠を示していない。利長は同15年(1610)~同19年(1614)に病床にあったのでその期間のものということはできよう。

 「石花」はテングサで、その異称は「石花菜」とも「海石花」ともいう。

-----------
【釈文】

石花一折到
来、喜悦之
至候、然は高岡
為御見廻、今
日至于今石動
相越候、仕合能
頓而可令帰城候、
緩々与湯治可
有事尤候、
謹言、
   筑前守
卯月四日 利光(花押)

-----------
 本史料は木倉氏が紹介しているように、「上坂家文書」(35通)の内である(上坂家は現高岡市東海老坂の旧家)。本史料以下、次の6通が連続して巻子装されている。天正7年(1579)11月16日付神保氏張知行安堵状(海老坂藤兵衛宛)、年未詳7月28日付奥村伊予守書状(宛所不明)、年未詳6月20日付横山英盛書状(海老坂村五兵衛宛)、年未詳2月11日付横山貴林書状(海老坂村五兵衛宛)、年未詳5月10日付横山貴林書状(海老坂村五兵衛宛)。この内、木倉氏が「上坂家文書」として採録した35通に入っているのは、神保氏張知行安堵状のみであり、この表装順に特に意味は無いようである。

作品所在地の地図

関連リンク

年未詳四月四日付前田利光書状(後欠)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

年未詳二月十一日付横山貴林書状(海老坂村五兵衛宛)
年未詳五月十日付横山貴林書状(海老坂村五兵衛宛)
天正七年十一月十六日付神保氏張知行安堵状(海老坂藤兵衛宛)
年未詳七月二十八日付奥村伊予守書状(後欠)
(慶長六年カ)八月三日付横山長知書状(守山町 小四郎・春四郎・彦左衛門宛)
ページトップへ