寛永八年十月二十五日付横山長知免相申付状(海老坂村・宇波村・小坂井村宛) かんえいはちねんじゅうがつにじゅうごにちづけ よこやまながちかめんあいもうしつけじょう えびさかむら うなみむら こざかいむらあて

文書・書籍 / 江戸 / 富山県 

横山長知 (1568~1646)
よこやまながちか
富山県高岡市
寛永8年10月25日/1631
紙本・竪紙・墨書
35.5×48.5㎝
1
富山県高岡市古城1-5

 前田利長の側近・横山長知が自らの知行地の海老坂村・宇波村・小坂井(小境)村(宇波・小境は現氷見市)の免相(年貢率)と用捨(容赦/免除)を通知している。

 長知(1568~1646/ながちか)は後に加賀八家(はっか)となる横山家2代。通称・大膳。慶長13年(1608)2月に武蔵守、同20年(1615)閏6月に山城守に任ぜられる。
 現高岡市東海老坂の旧家・上坂(こうさか)家文書のうち。木倉豊信「上坂家文書目録(続)」〔『富山史壇』33(越中史壇会、1966.3)〕の31号文書。
 本史料を含む次の4通(全て横山長知書状)が連続で巻子装され、その3通目である。
 ①慶長6年7月7日付横山長知書状(綾子村・加茂村・守山町 肝煎中)、②寛永14年11月7日付横山長知年貢免状(氷見庄海老坂村百姓中宛)、③(慶長6年カ)8月3日付横山長知書状(守山町 小四郎・春四郎・彦左衛門宛)、④寛永8年10月25日付横山長知免相申付状(海老坂村・宇波村・小坂井村宛)。

----------
【釈文】

   寛永八年分免相之事
一、六ツ三歩      海老坂村
    内三歩    用赦
  残テ       定免
    六ツ
一、四ツ六歩弐厘    宇波村
    内壱歩弐厘  当壱作用赦
  残テ       
    四ツ五歩   当免相

一、五ツ        小坂井村
    内四歩    当壱作用赦
  残テ       
    四ツ六歩   当免相

   右之通ニ可申付者也、
  寛永八年
     十月廿五日 山城守(花押)(黒印)

作品所在地の地図

関連リンク

寛永八年十月二十五日付横山長知免相申付状(海老坂村・宇波村・小坂井村宛)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

(慶長六年カ)八月三日付横山長知書状(守山町 小四郎・春四郎・彦左衛門宛)
慶長六年七月七日横山長知書状(綾子村・加茂村・守山町 肝煎中宛)
寛永十四年十一月七日付横山長知年貢免状(氷見庄海老坂村百姓中宛)
年未詳二月十一日付横山貴林書状(海老坂村五兵衛宛)
年未詳五月十日付横山貴林書状(海老坂村五兵衛宛)
ページトップへ