戸出野開御印状 といでのびらきごいんじょう

文書・書籍 / 江戸 / 富山県 

横山長知,本多政重
よこやまながちか,ほんだまさしげ
富山県高岡市
元和3年11月1日/1617年
紙本墨書
縦19.8cm×横111.9cm(本紙)
1点
富山県高岡市古城1-5
高岡市
高岡市指定文化財

 加賀藩重臣の横山長知と本多政重より、中条村(現・砺波市下中条)十村・川合又右衛門に宛てられた書状。新村立て、戸出野開墾、市立てを許可した御印状(3代藩主・利常の印)である。高岡市戸出地区の発祥を示す貴重な史料である。
 翌年の元和4年(1618)の「新開地検状」(川合文書)によれば「灯油田(戸出の古い表記)新村又右衛門」とあり、既に16町4反半56歩が開墾されていることからみて、又右衛門が以前から綿密な計画をたてていたことが分かる。
 また寛永17年(1640)の記録によると、月6回の市が開かれており、大いに栄えていたようである。

【釈文】

 以上

越中利波郡
之内、戸出野に
新村を立、野
開仕、市をも可
相立之旨、申上
通尤候、則新
開之所は御代官
なしに可被
仰付候旨候条、
弥家数をも
相立、可致開
作者也

元和三年
(黒文円印「満」)
 十一月朔日
   横山山城守
      長知(花押)

   本多安房守
      政重(花押)


    中条村
     又右衛門

作品所在地の地図

関連リンク

戸出野開御印状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

(慶長六年カ)八月三日付横山長知書状(守山町 小四郎・春四郎・彦左衛門宛)
慶長六年七月七日横山長知書状(綾子村・加茂村・守山町 肝煎中宛)
寛永八年十月二十五日付横山長知免相申付状(海老坂村・宇波村・小坂井村宛)
寛永十四年十一月七日付横山長知年貢免状(氷見庄海老坂村百姓中宛)
戸出御旅屋の高野槙
ページトップへ