鋳物師職許状 いもじしききょじょう

文書・書籍 / 富山県 

富山県高岡市
【1】不明[原本・宝暦4年(1754)9月]【2】文政7年(1824)9月【3】弘化4年(1847)10月【4】嘉永5年(1852)9月【5】慶応元年(1865)11月
紙(宿紙)
【1】御蔵宮内蒸紀朝臣(花押)<10代親弘>
  →越中国射水郡高岡町鋳物師
  (縦32.4cm×横42.5cm)
【2】美濃守斎部宿祢(花押)<12代康寧>
  →越中国射水郡高岡金屋町鋳物師・金森十右衛門
  (縦33.3cm×横51.2cm)
【3】能登守斎部宿祢(花押)<13代則能)>
  →越中国射水郡高岡金屋町鋳物師・藤田十右衛門
  (縦33.3cm×横50.4cm)
【4】大和守斎部宿祢(花押)<14代能弘>
  →越中国射水郡高岡金屋町鋳物師・藤田重右衛門
  (縦34.0cm×横50.6cm)
【5】大監物兼大和守斎部宿祢(花押)<14代能弘>
  →越中国射水郡高岡金屋町鋳物師・藤田十右衛門
  (縦32.8cm×横49.8cm)
5
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 全国の鋳物師を統括していた地下官人、 真継家が高岡鋳物師に宛てた鋳物師職許状である。(【1】については写しである。)
 鋳物師職許状とは、鋳物師の代替わりの際に発給されたもので、鋳物業の営業許可証である。普通、新規に発給されると前の許状は返納されたので、本資料のように複数枚あるのは珍しい例である。紙は全て薄墨色の「宿紙」である。

作品所在地の地図

関連リンク

鋳物師職許状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鋳物師職許状
鋳物師職許状

14代真継能弘(大和守斎部宿祢)

年未詳五月三十日付前田利長書状(駒井中務少輔他一名宛)
太政官布告(越中国射水郡は七尾県より新川県へ)
「越中国射水郡高岡地図」
越中国鉄物細工之図
越中国鉄物細工之図

三代歌川広重

ページトップへ