越中国射水郡鳴戸村墾田図(麻布) えっちゅうのくにいみずぐんなるとむらこんでんず まふ

その他の画像全4枚中4枚表示

 / 奈良 / 近畿 

奈良県
奈良/759
麻布
縦79.8㎝ 横140.5㎝
1鋪
奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:20090710
国宝指定年月日:20100629
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 本図は、奈良時代の条里制下における越中国射水郡鳴戸村(現富山県高岡市)に存在した東大寺領庄園における土地開発状況を詳細に記した絵図で、天平宝字三年(759)の作成になる。文字のある箇所には「越中國印」が捺されている。
 本図は、麻布を用いた数少ないもので、額田寺伽藍並条里図(国宝)や正倉院宝物の絵図に比べても保存状態が良く、作成当初の状態を今に伝える稀有な遺品であり、学術的価値が極めて高いものである。

作品所在地の地図

関連リンク

越中国射水郡鳴戸村墾田図(麻布)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

越中国射水郡鳴戸村墾田図
額田寺伽籃並条里図(麻布)
東大寺開田図
額田寺伽藍並条里図(麻布)
東大寺開田図
ページトップへ