越中国射水郡鳴戸村墾田図案(東大寺開田図) えっちゅうのくにいみずぐんなるとむらこんでんずあん(とうだいじかいでんず)

歴史資料 / 奈良県 

奈良時代 8世紀
紙本 楮紙 墨書 淡彩 掛幅
縦62.6 横57.7(上下欠)
1幅
正倉院(奈良)伝来
重要文化財

 越中国射水郡(現在の富山県北西部)にあった東大寺の田地の様子を描く図。画面は南を上とし、上下端は失われている。条里とよばれる土地区画を碁盤目状に描き、荘園の範囲を朱線で囲んだうえ、朱線内の枡目には地名、面積などを書き込む。年紀を欠くが、神護景雲元年(767)の図と推定されている。

作品所在地の地図

関連リンク

越中国射水郡鳴戸村墾田図案(東大寺開田図)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

越中国射水郡鹿田村墾田図案(東大寺開田図)
越中国射水郡鳴戸村墾田図
東大寺開田図
越中国礪波郡石粟村官施入田図(東大寺開田図)
越前国坂井郡高串村東大寺大修多羅供分田図案(東大寺開田図)
ページトップへ