越前国坂井郡高串村東大寺大修多羅供分田図案(東大寺開田図) えちぜんのくにさかいぐんたかくしむらとうだいじだいしゅたらくぶんでんずあん(とうだいじかいでんず)

その他の画像全4枚中4枚表示

歴史資料 / 奈良県 

奈良時代 8世紀/天平宝字3 759
紙本 楮紙 墨書 淡彩 掛幅
縦56.8 横113.4
1幅
正倉院(奈良)伝来、三浦梧樓旧蔵
重要文化財

 越前国坂井郡(現在の福井県北部)にあった東大寺領荘園の図で、天平神護2年(766)10月21日の日付を持つ。画面中央付近、樹木の生い茂る山と、魚が泳ぐ湖に挟まれた地区に荘園があった。その部分の方形区画には地名や面積が書き込まれている。

作品所在地の地図

関連リンク

越前国坂井郡高串村東大寺大修多羅供分田図案(東大寺開田図)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東大寺開田図
越中国射水郡鹿田村墾田図案(東大寺開田図)
越中国礪波郡石粟村官施入田図(東大寺開田図)
越中国射水郡鳴戸村墾田図案(東大寺開田図)
東大寺開田図
ページトップへ