神野真国荘問注文書等目録 こうのまくにのしょうもんちゅうもんじょとうもくろく

歴史資料  文書・書籍 / 鎌倉 / 日本  近畿 

鎌倉時代前期/1186
紙本墨書
縦28.7cm,横44.7cm
1幅

 鎌倉時代初頭に、神護寺の荘園であった神野真国荘(現・美里町)と、石清水八幡宮の荘園であった野上荘(現・野上町)との間に境相論(境界争い)がおこった際に、神護寺から借り出した証拠となる古文書を列挙した目録で、もとは神護寺に伝来したものと思われる。この時の相論は、神護寺・文覚の弟子・上覚が、佐々小河村(現・野上町福井付近)を押領し、石清水八幡宮の神人を殺害したというものである。

作品所在地の地図

関連リンク

神野真国荘問注文書等目録チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紀伊国那賀郡田中庄山之絵図
紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経)
越前国坂井郡高串村東大寺大修多羅供分田図案(東大寺開田図)
大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
神護寺交衆任日次第
ページトップへ