紀伊国那賀郡田中庄山之絵図 きいのくにながぐんたなかのしょうやまのえず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  近畿 

楠右衛門
くすうえもん
江戸時代前期/1699
紙本淡彩
縦52.5cm,横74.2cm
1舗

 田中荘(現・打田町)と荒川荘(現・桃山町)との間の、紀ノ川南岸地域に関する境相論は、12世紀半ばころに発生し、江戸時代に入ってからは、紀伊藩領と高野山領との争いに発展するが、宝永3年(1706)には幕府によって、藩領田中荘に有利な裁定がなされ、一応の決着をみた。本図は、元禄12年(1699)に紛争が顕在化した際に、田中荘内の西大井村の絵師・楠右衛門によって描かれたもので、紀ノ川南岸における田中荘側の主張する山林の範囲を朱線で囲んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

紀伊国那賀郡田中庄山之絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

元禄伊予国絵図(宇和郡)
神野真国荘問注文書等目録
大洲藩領大絵図
東山田村・野田村・伊賀上村、俵津浦山境争論裁許絵図
大洲藩領絵図
ページトップへ