黒漆神護寺経櫃 コクシツジンゴジキョウビツ

漆工 

縦:38cm 横:49.8cm 高:27.5cm
1合

鳥羽法皇の発願により文治元年(一一八五)に後白河法皇が神護寺に奉納した一切経をかつて納めていた経櫃。同寺には同様の櫃が四十五合現存し、経巻、経帙とともに国の重要文化財に指定されている。被せ蓋造りで微かに胴を張った姿は平安時代後期の特色である。左右両側面の朱漆銘により、本作品が第二十一合めの櫃で、華厳経八十巻本のうち六十巻を収納していたことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆神護寺経櫃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

経帙
仏説大安般守意経(神護寺経)
大智度論(神護寺経)
大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経)
ページトップへ