経帙 きょうちつ

その他の画像全3枚中3枚表示

染織 / 奈良県 

平安時代 12世紀
竹製 雲母引 / 絹製 錦織 (縁) / 銅製 鍍金 線刻 蹴彫 (金具) / 組紐 / 紫檀材 (木牌)
縦31.0 横47.3
1枚
神護寺(京都)伝来

 神護寺経は後白河法皇が鳥羽法皇勅願の意志を継いで文治元年(1185)に完成させた紺紙金字一切経で、本品は神護寺経を約10巻ずつ巻いていた経帙である。墨染めの竹ひごを段々(だんだら)文様に染めた10本あまりの色糸ですのこ編みし、紅地唐花襷文の錦で周囲を縁どりしている。芯には紙を入れ、竹のすのことの間に一面に雲母(きら)を敷きつめている。紐は平組で襷文。帙の二隅と紐に蝶形の金銅打出金具が留められている。制作の事情が明らかであり、平安後期の贅を凝らした経帙の作例として誠に貴重である。現在、神護寺には経典2317巻、経帙202枚、経櫃45合が伝存しており、重要文化財に指定されている。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.285, no.35.

作品所在地の地図

関連リンク

経帙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
仏説大安般守意経(神護寺経)
大智度論(神護寺経)
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
紺紙金字大智度論〈巻第十一〉(神護寺経)
ページトップへ