天正十三年閏八月二十五日付 前田利勝判物(二上渡守かた宛) てんしょうじゅうさんねんうるうはちがつにじゅうごにちづけ まえだとしかつはんもつ ふたがみわたしもりかたあて

文書・書籍 / 安土・桃山 / 富山県 

前田利勝 (1562~1614)
まえだとしかつ
富山県高岡市
天正13年閏8月25日/1585
折紙(巻子装)
縦28.5㎝×横43.3㎝
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市(高岡市立博物館保管)

 小矢部川左岸の渡船場「渡り」(二上荘。現高岡市守護町)は、守山城下町付近にあり、古代以来の水陸交通の要衝である。
 本史料において利勝(利長の前名)は、直前の領主、佐々成政(神保氏張)時代よりの二上渡守らの専業権を安堵し、新領地における統治の手始めとしたと考えられる。
 この日付は、秀吉による佐々(越中)征伐の翌月であり、前田利家・利勝(利長の前名)父子が成政旧領の越中西三郡の統治を進めていた時期である(正式には9月11日に利勝は越中西三郡を拝領し、守山城主となる)。
 慶長六年(1601)九月三日付前田長種判物(二上渡守船頭中宛/高岡市立博物館蔵)では二上の船頭に新造船を与えて人馬の渡船料を定めるなど、前田家はこの先も二上の船頭らに種々の特権を与えて保護・奨励した(明治初期までここには橋は架けられなかった)。

-----
【釈文】

二上渡舟之事、如先規罷出可相渡、自然非分申懸
族在之者可申越、堅可申付者也、

 天正十三
  閏八月廿五日利勝(花押)

    二上
      渡守かたへ

作品所在地の地図

関連リンク

天正十三年閏八月二十五日付 前田利勝判物(二上渡守かた宛)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

慶長六年九月三日付 前田長種判物(二上渡守船頭中宛)
天正七年十一月十六日付神保氏張知行安堵状(海老坂藤兵衛宛)
年未詳五月三十日付前田利長書状(駒井中務少輔他一名宛)
(慶長六年カ)八月三日付横山長知書状(守山町 小四郎・春四郎・彦左衛門宛)
年未詳七月七日付前田利長書状(神尾之直宛)
ページトップへ