大阪府大野寺跡(土塔)出土品 おおさかふおおのでらあと(どとう)しゅつどひん

考古資料 / 奈良 / 近畿 

大阪府
奈良時代/8th century
一括
大阪府堺市百舌鳥夕雲町2 大仙公園内
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
堺市
国宝・重要文化財(美術品)

奈良時代の高僧・行基が建立した大野寺境内の土塔出土品。土塔は仏舎利を安置する仏塔の一種で、各層に葺かれていた瓦には、知識と呼ばれる結縁者の人名が多数線刻されていた。、神亀4年(727)年の型押銘がある瓦もあり、文献の記載とも一致し、仏教思想の普及を良く示す。

作品所在地の地図

関連リンク

大阪府大野寺跡(土塔)出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大阪府陶邑窯跡群出土品
土塔
大阪府海会寺跡出土品
文字瓦
大阪府安満宮山古墳出土品
ページトップへ