覗きからくり のぞきからくり

有形民俗文化財 / 大正 / 大阪府 

1964年収集

昭和39年、黒田種一氏より寄贈。収蔵品は屋台1台と中ネタを入れる木箱2個、ネタは地獄極楽、俊徳丸、須磨の仇浪(不如帰)の3題で、うち地獄極楽、俊徳丸は看板、中ネタともに押し絵技法により、同じ規格で作られている。いずれも大阪の四天王寺境内で縁日に使われていたもの。(現在の展示は複製品。)

作品所在地の地図

関連リンク

覗きからくりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

浮絵付き のぞきからくり
浮絵付き のぞきからくり

歌川豊春・北尾政美(看板絵・中ネタ)

のぞきからくりの看板絵と中ネタ
地車
地車

小林源助福光

ツブロ式焼酎蒸留器
地獄草紙
ページトップへ