色絵のぞきからくり いろえのぞきからくり

陶磁 / 江戸 

18~19世紀 江戸時代
磁器
縦14.2 横14.2 高14.0
1個

江戸時代に作られたのぞきからくりの多くは木製や笹島焼(江戸後期、文化・文政の頃、現在の名古屋市中村区で焼かれた楽焼)であり、伊万里焼は大変珍しいものである。江戸時代後期から明治にかけての科学や技術の社会への普及、見世物の流行の状況を示す作品として、きわめて貴重。天板・側板・底板を組み合わせて箱を作り、透かし彫りにした天板の上に更に透かし彫りの覆(おお)いがあり、側面に設けられたのぞき穴(計四個)を通して内部の情景を見る構造となっている。箱内部には中央にしっぽく料理風の膳を置き、その周囲に羽織姿の男子2体、三味線・鼓・琴を奏でる女子3体、扇をかざす女子1体の像を配して饗宴(きょうえん)の様子を表していて、間仕切りの障子(しょうじ)や襖(ふすま)の半分には、鏡が貼られており、情景に奥行きを与えている。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵のぞきからくりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

草花文皿
伊万里柿右衛門様式色絵馬
伊万里柿右衛門様式色絵馬
三尊像塼仏
色絵椿松竹梅文透入重蓋物
ページトップへ