草花文皿 そうかもんさら

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本 

江戸時代後期
笹島焼
縦21.1cm 横20.2cm 高3.6cm
1口

笹島焼は、江戸時代後期から大正年間にかけて、名古屋の笹島で焼かれたもの。楽焼系で、抹茶茶碗や菓子器などの作例がある。この菓子皿の文様は、当時高級な輸入品であった、インド更紗の文様を写している。紫や緑色など、笹島焼特有の美しい色彩が印象的である。

作品所在地の地図

関連リンク

草花文皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木具写櫃形菓子器
色絵のぞきからくり
染付西洋風景図稜花深皿
更紗縫合下着
更紗縫合下着

製作者不詳

鍋島色絵椿文皿
ページトップへ