木具写櫃形菓子器 きぐうつしひつがたかしき

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本 

江戸時代後期
豊楽焼 漆塗 蒔絵
長径24.7cm 短径21.3cm 高15.1cm
1合

豊楽焼は、江戸時代後期から大正年間にかけて、名古屋の大須で焼かれたもの。本作は木製品の形を模して作った焼物の表面に漆を塗り、さらに金蒔絵で秋草文等を描いている。木製の漆器と見紛うほどの、精巧な作りである。見込みや蓋裏は、簡単な花文に緑釉が流しがけされ、織部風に仕上げられている。

作品所在地の地図

関連リンク

木具写櫃形菓子器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗雷文花枝円文散蒔絵行器
草花文皿
禽獣文鮫皮蒔絵大櫃
黒漆塗鉄線蒔絵提重
黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠
ページトップへ