阿蘭陀焼小壷 牙蓋共 おらんだやきこつぼ げふたとも

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

阿蘭陀製
おらんだせい
江戸時代/17世紀半ば~18世紀
 
高6.5cm 口径5.2cm 底径4.5cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

阿蘭陀(オランダ)で日本向けに焼かれ、長崎経由で輸入された薬壺。本来は膏薬を入れる壷としてヨーロッパで用いられるが、日本では薄茶器としても用いられ、本作品は香道具のたきがら入れに転用された。オランダ陶器には本品のような青の釉薬は少なく、日本の好みに合わせて作られたものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

阿蘭陀焼小壷 牙蓋共チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁水指 代蓋・網袋添
青磁肩衝茶入
青磁肩衝茶入

龍泉窯

染付松竹梅文大壷
真塗手桶
染付蝶文牡丹形皿
ページトップへ