文化遺産オンライン

阿蘭陀色絵細水指

おらんだいろえほそみずさし

作品概要

阿蘭陀色絵細水指

おらんだいろえほそみずさし

陶磁 / 江戸 / 大分県

大分県

桃山時代

高さ15.5㎝ 口径10.4㎝

1口

通称「デルフト陶器」と呼ばれたオランダ陶器で、16世紀末から17世紀初頭にオランダの北ネーデルランド地方で制作されたものと考えられる。本水指はアルバレロ型とされる筒型の容器で、国内では生花や水指として伝世しているものがある。この初期オランダ陶器は1602年の東インド会社を契機とするオランダのアジア進出によって平戸や長崎の商館に招来されたものとみられる。

阿蘭陀色絵細水指をもっと見る

大分市歴史資料館をもっと見る

キーワード

オランダ / / / 阿蘭陀

関連作品

チェックした関連作品の検索