華南三彩貼花唐草文五耳壷 かなんさんさいちょうかからくさもんごじつぼ

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  / 中国 

明時代/16世紀後半
陶器
高28.5㎝ 口径11.7㎝ 胴径24.5㎝
1口

花や葉・蔓などの文様を貼り付け、緑・黄・紫の釉薬で彩られた五耳壷。明時代後期の中国華南地方で焼かれ、16世紀末頃日本国内に招来されたものといわれる。中世大友氏府内町跡をはじめ、大坂道修遺跡・奈良興福寺一乗院跡・東京汐留遺跡などから、同様の壷の破片が出土しており、特に府内町跡の事例ではその量の多さが指摘されている。本品は国内に伝世したもので、形式的には古いタイプの三彩貼花唐草文五耳壷とみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

華南三彩貼花唐草文五耳壷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華南三彩刻花文六耳壺
華南三彩印花魚藻文稜花盤
青磁酒海壷
交趾香合(鳥形)
タイ焼締四耳壷
ページトップへ