文化遺産オンライン

華南三彩刻花文盤

かなんさんさいこっかもんばん

作品概要

華南三彩刻花文盤

かなんさんさいこっかもんばん

陶磁 / 安土・桃山 / 大分県

大分県

桃山時代/16世紀

口径27.0㎝ 底径15.5㎝ 高さ6.4㎝

1皿

八輪花の口縁を持つ腰折れの三彩盤で、内側に花文が線刻されている。基調となる緑釉は外側に薄く施釉され、底部は露体である。この文盤は比較的器台が高く形式的には古いタイプと考えられる。中世大友府内町跡から出土している破片資料に近く、その完成形を知る上でも貴重な資料である。

華南三彩刻花文盤をもっと見る

大分市歴史資料館をもっと見る

キーワード

華南 / 府内 / 大分 / かなん

関連作品

チェックした関連作品の検索