ミャンマー白釉盤 みゃんまーはくゆうばん

陶磁 

16~17世紀
口径27.3㎝ 高さ6.0㎝ 底径19.0㎝
1点

16~17世紀にミャンマー中部の古都バゴー近郊で生産されたとみられる白釉盤。
高台から全面に黄色味がかった白濁釉がかけられ、底部外面は露胎となる。高台は削り出して、成形しており、外面には沈線が数条認められる。素地は赤みの強い橙色を呈し、極め細かな胎土である。中世大友府内町跡(大分市)からは底部の破片が出土している。

作品所在地の地図

関連リンク

ミャンマー白釉盤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ミャンマー黒釉鋲文帯飾三耳壺
翡翠釉菊花形小皿
御深井釉花入
タイ焼締四耳壷
志野織部向付
ページトップへ