邑町のサイノカミ むらまちのさいのかみ

その他の画像全5枚中5枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:20100312
保護団体名:塞の神まつり保存会
備考:公開日:毎年1月15日が日曜日にあたる場合は15日、それ以外の場合は1月15日の直前の日曜日(※指定当時・お出掛けの際は該当…
重要無形民俗文化財

邑町のサイノカミは、厄払いや無病息災、五穀豊穣などを祈願する小正月の火祭りである。早朝より、子どもたちが、サイノカミの唄を歌いながら家々を訪問して正月飾りを集め、菓子などをもらう。このとき最年長の子どもがデクという男女一対の木製の人形をもつ。子どもたちが各家を回る間、地区の境では竹と藁で円錐形の作り物が作られる。子どもたちが回り終えると、デクを正月飾りとともに作り物の中に納めて火をつける。デクが完全に灰になるまで燃やして行事は終了する。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

邑町のサイノカミチェックした作品をもとに関連する作品を探す

酒津のトンドウ
三島のサイノカミ
地福のトイトイ
上郷の小正月行事
月浜のえんずのわり
ページトップへ