Fuukei

風景

Details

Fuukei

風景

油彩画 / 大正 / 日本

中村研一 (1895-1967)

なかむら けんいち

1922年

油彩・板

53.0×65.0cm

1面

中村研一は、東京美術学校在学中は岡田三郎助教室に学ぶ。当時の東京美術学校西洋画科は、黒田清輝によってもたらされた「外光派」が主流を占めていた。外光派は、陰影部に青や紫を使用することから「紫派」とも呼ばれ、本作品にも点描風の筆跡および光と影の描き方に、その影響が強く見られる。

Related Works

Search items related to work chosen