山王講の山車と人形(恵毘須) 附 高欄入れ木箱 さんおうこうのだしとにんぎょう(えびす)つけたり こうらんいれきばこ

その他の画像全4枚中4枚表示

有形民俗文化財 / 江戸 / 関東 

江戸時代後半/人形 1829年
山車 1851年
江戸型山車、木製、二重鉾、三つ車。二段上下可変式のカラクリを備える。人形のカラクリと枠のカラクリは別々で二系統。カラクリは、神田祭りで江戸城の門(高さ4,4m)を通過す…
幅2m20cm 長さ3m70cm 高さ7m50cm(カラクリ伸長時) 車輪の直径 1m10cm
山車1基 人形1体 木箱1個
鴨川市指定
指定年月日:20110526
有形民俗文化財

山王講の山車と人形は、もともとは神田新石町が所有し、江戸時代の神田祭りに参加していた25番山車と、もともとは神田白壁町が所有し、神田祭りに参加していた35番山車の人形(恵毘須)を、明治42年(1909)に、前原地区の関係者が東京で別々に購入したものである。山車と人形は、霊岸島より東京湾汽船に船積みし,海路運ばれ、加茂川河岸に陸揚げし、個人の蔵で保管していた。祭礼の度に組み立てを行い、祭礼終了後は解体して収納していた。現在は、解体することなく、格納庫に保管している。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

山王講の山車と人形(恵毘須) 附 高欄入れ木箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

諏訪講の山車と人形(神功皇后・源頼義)
川越氷川祭の山車行事
川越氷川祭の山車行事
知立のからくり
亀崎潮干祭の山車行事
ページトップへ