文化遺産オンライン

八雲山車人形「神武天皇」像

やくもだしにんぎょう「じんむてんのう」ぞう

作品概要

八雲山車人形「神武天皇」像

やくもだしにんぎょう「じんむてんのう」ぞう

有形民俗文化財 / 明治 / 関東

明治

武人風立像。頭は威相。有髪・有髭。眉を吊り上げ、眼を見開き、口をひき結んで厳しい表情を表す。頭部正面に金色の三枝型宝冠をつける。着衣は筒袖の黒の下着に袴を着け、括り袖・…

総高210.0、頭高43.3、耳張29.6、右腕長28.0、左腕長29.0、右足底長30.0、左足底長31.0 (単位はcm)

一躯

桶川市指定
指定年月日:20210301

有形民俗文化財

桶川市歴史民俗資料館保管

八雲山車人形「神武天皇」像をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

/ 桶川 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索