宇津神社棟札 うつじんじゃむなふだ

その他の画像全4枚中4枚表示

その他 / 中国・四国 

不明
広島県
別紙のとおり
別紙のとおり
別紙のとおり
棟札・板札31枚 写し棟札20枚
広島県呉市豊町大長4977番地
呉市指定
指定年月日:20130424
宗教法人 宇津神社
有形文化財(美術工芸品)

「宇津神社棟札」は,中世以降から今日までのものが保存されており,一番古くは,鎌倉時代の棟札(文保2年(1318))である。また,棟札に書かれている記述により,当地が伊予国から安芸国へと所領を変えたこと,当地の地名が大条から大長へと変わったこと,室町時代の在地領主名が見えるなど,地方史の同時代記録として貴重なものである。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

宇津神社棟札チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宇津神社のホルトノキ
劔神社文書
劔神社文書

別紙のとおり

越知神社文書
越知神社文書

別紙のとおり

紙本墨書 糸賀家文書
紙本墨書 糸賀家文書

毛利元就、毛利隆元、毛利輝元、穂田元清、益田藤兼、児玉就忠ほか

秋田城跡出土胞衣壺
ページトップへ