サロン蓄音機(英グラモフォン社,HMV Model 163) さろんちくおんき(えいぐらもふぉんしゃ,えいちえむぶい もでる 163)

権利者:高岡市立博物館蔵

民俗 / 昭和以降 

英グラモフォン社
えいぐらもふぉんしゃ
昭和2年~同6年※製造年/1927~31年
木,金属
高さ101.0cm×幅56.0cm×奥行55.0cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 サロン蓄音機である。製造元は英グラモフォン社(Gramophone Company)。本機(HMV Model 163)は、マホガニーのキャビネット前面に観音開きの扉を備え、透かし彫りで装飾されている。
 右側面にゼンマイを回すハンドルの挿入口がある。ターンテーブル周辺の金属部品は、堅牢なニッケル鍍金やホーローによって被覆される。右側面にゼンマイを回すハンドルの挿入口がある。ゼンマイは2つ内蔵され(いわゆる「二丁ゼンマイ」)長時間の再生を可能にしている。再生終了後にはターンテーブルを自動停止する機能も備える。針先端の振動を拾う「サウンドボックス」は蓄音機の心臓部であるが、特に本機に装着された「No.5A」は名機との評価が高い。中級機ではあるが故障が少なく、このサイズでは最大の音量を出せる機種の一つでもあって、一般家庭やカフェ、ダンスホールなどで広く用いられていた。

作品所在地の地図

関連リンク

サロン蓄音機(英グラモフォン社,HMV Model 163)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ポータブル蓄音機(ビクタートーキングマシン社,ORTHOPHONIC Victrola)
蘇言機(錫箔蓄音機)〈/英国製〉
ポータブル蓄音機(ナショナル,SG-503N)
蝋管蓄音機(エジソン,FIRESIDE Model A)
蓄音機(ニッポノホン社,ニッポノホン)
ページトップへ