蘇言機(錫箔蓄音機)〈/英国製〉 そごんき(すずはくちくおんき)〈/えいこくせい〉

歴史資料 / 関東 

茨城県
欧米 19世紀
1台
茨城県つくば市天久保4-1-1
重文指定年月日:20040608
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立科学博物館
国宝・重要文化財(美術品)

本機は、わが国に初めて伝来した録音機である。製作は英国の工学者、物理学者で日本における地震計の設計者ユーイング(James Alfred Ewing一八五五~一九三五)の手になる。ユーイングは一八七七年のエジソンの蓄音機の発明を聞き及び、「J.MILNE&SON MAKERS EDINB.」の銘板からもわかるように英国エジンバラにおいて製作した。明治十一年(一八七八)九月には東京大学に招聘され、本機をもたらした。そして同年十一月十六日、一橋にあった東京大学理学部の実験室において録音・再生の実演を行った。さらに翌十二年三月二十八日、築地の東京商法会議所で、四月十二日には浅草の料亭・井生村楼【いぶむらろう】で公開実演を行った。商法会議所での実演時には東京日日新聞社社長の福地桜痴【ふくちおうち】(源一郎、一八四一~一九〇六)が「コンナ機械ガデキルト新聞屋ハ困ル」と吹き込み、再生されたという逸話が残っている。
 本機の構造、特徴および使用方法は次のとおりである。まず、ねじを切った鉄棒にスパイラル状に溝がある金属製の円筒を取り付け、右手のハンドルを手で回転させることにより、円筒をスパイラルに回転させる。円筒の表面には錫箔を巻き、それと接するように金属の振動板の前に金属の刃を取り付けたもの(マイクロホンおよびスピーカーの役割を果たす)を置く。そして円筒を回転させながら話すことにより、錫箔表面を刃が刻み録音される。円筒を元の位置に戻し、同様に回転させると喋ったことが再生される。
 録音機の発達はその後、一八八九年のエジソンによる蝋管式蓄音機の発明によって…

作品所在地の地図

関連リンク

蘇言機(錫箔蓄音機)〈/英国製〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ミルン水平振子地震計〈/英国製〉 附 地震記録四十一巻
サロン蓄音機(英グラモフォン社,HMV Model 163)
テープレコーダー(ナショナル,スナップ)
テープレコーダー(ナショナル,スナップ)

松下電器産業株式会社・録音機事業部

大森貝塚出土品
天体望遠鏡(八インチ屈折赤道儀)〈/英国製〉
ページトップへ