環状織機 かんじょうしょっき

その他 / 大正 

豊田 佐吉 (1867-1930)
とよだ さきち
愛知県
大正/1924
350×350×400
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1906年発明
株式会社豊田自動織機

環状織機は、豊田佐吉が自動織機と共に究極の目標に定め、「動力を空費することなく、超幅広の布を、静かに製織する」ように、1906年に発明した、理想的な機構の織機です。「運動の理想は往復よりも回転の円運動である」との確証に基づき、よこ糸を挿入する杼を回転の円運動で、糸の打込みを上下揺動運動で行い、円筒状に製織する、画期的な発明で世界19カ国で特許を取得しています。
展示機は、1924年に製造された第4次試作機で、長時間テストを行った唯一の環状織機です。

関連リンク

環状織機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

無停止杼換式豊田自動織機(G型)1号機
豊田式木製人力織機
豊田式木製人力織機

豊田 佐吉

豊田式鉄製自動織機(T式)
足踏み織機
足踏み織機

松田 繁次郎

豊田式小幅動力織機(I式)
ページトップへ