豊田式鉄製広幅動力織機(L式) とよだしきてつせいひろはばどうりょくしょっき(えるしき)

その他 / 大正 

豊田 佐吉 (1867-1930)
とよだ さきち
愛知県
大正/1909
136×219×149
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1909年販売
株式会社豊田自動織機

豊田佐吉が、需要が増大してきた薄厚広幅の輸出用綿布を効率良く織るため、1909年に完成させた全鉄製の堅牢な織機です。日本の織布業を大規模工業化し、輸出用綿布の大量生産を実現させた織機です。
展示機は、1909年頃に製作されたもので、完全な姿で現存する全鉄製の織機としては日本で最も古いものです。

関連リンク

豊田式鉄製広幅動力織機(L式)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊田式鉄製広幅動力織機(N式)
豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)
豊田式小幅動力織機(I式)
豊田式鉄製自動織機(T式)
豊田式汽力織機
豊田式汽力織機

豊田 佐吉

ページトップへ