豊田式汽力織機 とよだしききりょくしょっき

その他 / 明治 

豊田 佐吉 (1867-1930)
とよだ さきち
愛知県
明治/1899
155×151×126
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1896年発明
株式会社豊田自動織機

豊田佐吉が1896年に発明した、日本初の動力織機です。一人で3〜4台も運転でき生産性が従来の20倍にも高まり、織物品質も飛躍的に向上しました。木鉄混製の安価で堅牢な構成とし、ドイツのハルトマン社製の動力織機が872円であったのに対し、38円という価格であったため、全国に広く普及して日本の綿織物業の発展に貢献しました。
展示機は、1899年に製作され、遠州地区で稼動していたものを1966年に収集して、完全に元の状態に復元しました。現存する日本最古の動力織機で、2011年に日本機械学会より機械遺産に認定されました。

関連リンク

豊田式汽力織機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊田式小幅動力織機(I式)
豊田式鉄製自動織機(T式)
豊田式鉄製広幅動力織機(N式)
豊田式糸繰返機
豊田式糸繰返機

豊田 佐吉

豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)
ページトップへ