豊田式鉄製自動織機(T式) とよだしきてつせいじどうしょっき(てぃーしき)

その他 / 昭和以降 

豊田 佐吉 (1867-1930)
とよだ さきち
愛知県
昭和以降/1994
110×145×118
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1903年販売
株式会社豊田自動織機

1903年に豊田佐吉が、世界で最初に発明、完成させた無停止杼換式自働織機です。機械の運転を止めることなく、よこ糸を自動的に補充する「押上式自働杼換装置」をはじめ各種の自働化機構を装着し、従来の動力織機では1人で3〜4台しか運転できませんでしたが、数十台も可能になり、生産性及び織物品質も飛躍的に向上しまた。
展示機は、当時のカタログ、写真と特許明細書を基に、考証、設計し、1994年に複製したものです。

関連リンク

豊田式鉄製自動織機(T式)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

無停止杼換式豊田自動織機(G型)
無停止杼換式豊田自動織機(G型)1号機
豊田式三十九年式織機
豊田式木製人力織機
豊田式木製人力織機

豊田 佐吉

豊田式糸繰返機
豊田式糸繰返機

豊田 佐吉

ページトップへ