豊田式小幅動力織機(I式) とよだしきこはばどうりょくしょっき(あいしき)

その他 / 大正 

豊田 佐吉 (1867-1930)
とよだ さきち
愛知県
大正/1909
124×148×127
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1909年販売
株式会社豊田自動織機

豊田佐吉は、既に鉄製織機を完成させていたが、当時の零細な織布業者の経営実態と織物ニーズの多様化を考慮して、1909年に汎用性のある安価な木鉄混製の動力織機を完成させました。さらに先に発明した「アンクル式たて糸送り出し装置」を改良して、厚地織物も高品質で織れるようにしています。
展示機は、1909年頃に作られ、知多木綿の生産に使用されていたものを、元の状態に復元したものです。

関連リンク

豊田式小幅動力織機(I式)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

豊田式鉄製広幅動力織機(N式)
豊田式三十九年式織機
豊田式鉄製小幅動力織機(Y式)
豊田式汽力織機
豊田式汽力織機

豊田 佐吉

豊田式鉄製広幅動力織機(L式)
ページトップへ