文化遺産オンライン

箸蔵寺高灯籠

はしくらじたかとうろう

作品概要

箸蔵寺高灯籠

はしくらじたかとうろう

宗教建築 / 明治 / 中国・四国

徳島県

明治/1884

木造二重灯籠、瓦葺、建築面積15㎡

1棟

徳島県三好市池田町州津蔵谷1006他

登録年月日:20111028

宗教法人箸蔵寺

登録有形文化財(建造物)

吉野川を俯瞰する丘上に建つ。木造二重灯籠、袴腰付、宝形造桟瓦葺で、北面の出入口に唐破風屋根をかける。下重組物は出組で軒を扇垂木、上重は絵様肘木と二軒繁垂木とする。上層は方一間で、柱や天井を漆喰塗込めとし、四面に花頭窓を開く。特異な形式の木造灯籠。

箸蔵寺高灯籠をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

垂木 / / 徳島 / 繁い

関連作品

チェックした関連作品の検索