鳥井町地蔵堂(付)石造地蔵坐像及び名号石 とりいちょうじぞうどう(つけたり)せきぞうじぞうざぞうおよびみょうごうせき

その他の画像全7枚中7枚表示

建造物 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
江戸中期/1721年(石造地蔵坐像は1698年、名号石は1722年)
正面一間 側面一間 宝形造 桟瓦葺 円柱 頭貫木鼻付き 台輪木鼻付き 三斗枠肘木 実肘木 中備蟇股 一軒扇垂木
高さ435㎝、幅190㎝、奥行190㎝(石造地蔵坐像の像高は92.0cm、蓮華台・台石を含めた総高157.0㎝。名号石の高さ242.0㎝、幅52.5㎝、奥行39.0㎝で、台石を含めた高さは300.0㎝。)
1棟
兵庫県赤穂市坂越1466外
赤穂市指定
指定年月日:20110331
有形文化財(建造物)

建物の規模が小さいわりに装飾性が豊かで、蟇股彫刻は鳳凰、南瓜、鳥、二股大根と鼠、頭貫木鼻は獅子、牡丹、鳳凰、桔梗、菊、波、雲となっている。村堂において、立体的な動植物の彫刻をこれほど多彩に用いる例は少ない。また、垂木も扇垂木としており、小規模な仏堂としては手の込んだ手法である。市内の同種遺構のなかでは最古のものに属し、建築的価値を示す細部はよく残され、貴重な価値をもっている。地蔵菩薩坐像は、丸彫りの坐像である。名号石の正面には薬研彫りで「南無阿彌陀佛」と深く刻まれている。ともに花崗岩製。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

鳥井町地蔵堂(付)石造地蔵坐像及び名号石チェックした作品をもとに関連する作品を探す

与野小村田氷川神社本殿 附 棟札 奉造立寶永六己丑歳五月吉祥日の記があるもの
二宮神社 本殿
功運寺鐘楼
白鳥神社 三社本殿・拝殿・絵馬殿
地蔵菩薩坐像(地蔵菩薩坐像及び龍樹菩薩坐像のうち)
ページトップへ