武蔵国分寺跡出土の小型海獣葡萄鏡 むさしこくぶんじあとしゅつどのこがたかいじゅうぶどうきょう

金属製品類 / 奈良 / 関東 

東京都
奈良時代
銅製。小型鏡。正円でなく,右側半分がやや中心に近く歪み,ごく僅かな楕円形を呈する。踏返鋳造鏡のためもあり,鏡背面の文様は不鮮明であるが,内区には伏獣形の鈕を中心に四躯の…
鏡面径5.95センチメートル,鏡背面径5.6センチメートル,縁厚0.4~0.5センチメートル,鏡面はゆるやかに反る。内区径3.74センチメートル,外区径0.93センチメートルを測る。鈕に孔を有す
1面
東京都国分寺市西元町1-13-10
国分寺市指定
指定年月日:20140401
国分寺市
有形文化財(美術工芸品)

本鏡が有する意義や年代よりすれば,本資料は,奈良時代に武蔵国分寺の宗教行事に伴ってもたらされ,しかる後に,出土地点へ埋没するに至ったものと推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

武蔵国分寺跡出土の小型海獣葡萄鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武蔵国分寺跡出土の金銅製円形飾金具
阿弥陀如来鏡像(松喰鶴文鏡)
画文帯四仏四獣鏡
矢ノ浦古墳出土変形獣帯鏡
海獣葡萄鏡
ページトップへ