武蔵国分寺跡出土の金銅製円形飾金具 むさしこくぶんじあとしゅつどのこんどうせいえんけいかざりかなぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

金属製品類 / 奈良  平安 / 関東 

東京都
奈良・平安時代
中央部を甲盛に打ち出し,表面のみに鍍金を施した金銅製の円形飾金具一部に欠損がみられるものの,製品としてはほぼ完形の状態である。外形 の内縁に直径2.0ミリメートルの孔が二個…
直径6.1センチメートル,厚み0.5センチメートルを測る。重量は13.1グラムを測る。
1枚
東京都国分寺市西元町1-13-10
国分寺市指定
指定年月日:20140401
国分寺市
有形文化財(美術工芸品)

現存する類似品としては,法隆寺所蔵資料中に飛鳥時代(7世紀)の金銅円形飾金具があり,大きさは径2.7~7.35センチメートルで,裏面から打ち出して心持り甲盛気味に作り,表に鍍金を施している。繊維質の付着が見られることや,同じく法隆寺献納宝物中の広東綾大幡や広東綾幡残欠には実際に装着した状態を見ることが出来ることから,幡等の荘厳具の装着用の飾金具とみられている。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

武蔵国分寺跡出土の金銅製円形飾金具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅灌頂幡〈(片岡御祖命施入)/(法隆寺献納)〉
武蔵国分寺跡出土の小型海獣葡萄鏡
金銅製飾具
広東綾大幡
金銅雲竜文飾金具
ページトップへ