盛姫筆書画 もりひめひつしょが

その他の画像全2枚中2枚表示

江戸 

盛姫 (1811~1847)
もりひめ
江戸時代後期
紙本墨画淡彩・彩箋墨書 掛幅装
(翡翠図)縦67.8㎝ 横28.0㎝ (和歌短冊)縦35.5㎝ 横5.0㎝
2幅
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

10代佐賀藩主鍋島直正正室である盛姫筆の二幅。一幅には枯木に留まる翡翠を描き、一幅には擣衣と題する和歌を詠む。江戸住居の御広式添番役であった福地成峯の拝領品。福地の多年(天保9年~弘化4年/1838~47)にわたる忠勤が評価されて弘化4年(1847)の盛姫逝去後に御遺物として拝領させられた。二幅対として伝わるが、拝領後に対としたものと思われる。「擣衣 秋風乃 夜寒かさねて 加良衣 うちしきる也 河都〻之里」

作品所在地の地図

関連リンク

盛姫筆書画チェックした作品をもとに関連する作品を探す

近江八景和歌書
上々様方御筆御短冊
上々様方御筆御短冊

筆姫・徽姫・観姫・猶姫・貢姫

盛姫文章
盛姫文章

盛姫

雅楽譜
雅楽譜

盛姫

桜田御屋鋪指図
ページトップへ