大田南畝 「君をはじめて見るときは」 おおたなんぼ 「其家の」

 

紙本
140×71.7cm
1幅
中野区登録文化財

大田南畝(1749~1823)。幕府役人として活躍の一方、狂歌や洒落本・随筆などを記す。江古田村の山崎家と親交が深く、来訪して認めたものという。

作品所在地の地図

関連リンク

大田南畝 「君をはじめて見るときは」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大田蜀山人 「亀の子」
小杉放庵 「九月ききょう」
江古田獅子舞巡行絵巻
中村家住宅洋館
萬垢離小太刀
ページトップへ