涌谷伊達家墓石群(附灯籠、香炉、花立等) わくやだてけぼせきぐん(つけたりとうろう、こうろ、はなたてなど)

その他の画像全3枚中3枚表示

歴史資料 / 江戸  明治  大正  昭和以降 / 東北 

江戸~明治/1724~1940
墓石18基。
墓石および霊屋5棟に附する灯籠、香炉、花立等の石造物群を附とする。
1六代夫人法身院墓石(巾100×厚60×高222cm重量3.60t)
2七代邑主龍章院墓石(巾91×厚67×高235cm重量3.87t)
3七代夫人清香院墓石(巾105×厚62×高242cm重量4.25t)
4八代邑主泰陽院墓石(巾91×…
18基
涌谷町指定
指定年月日:20120208
有形文化財(美術工芸品)

歴代邑主の墓石群は、見龍院霊屋の建築(寛文13年・1673)以降、250年以上にわたり涌谷伊達家の墓所として形成されてきたもので、五棟の霊屋を囲むように整然と配されており、近世における一門・涌谷伊達家の格と威容が偲ばれる。
また、五棟の霊屋および十八基の墓石に附する灯籠、香炉、花立等の石造物群も、涌谷伊達家墓所を構成する要素として欠くことのできない文化財であり附として指定する。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

涌谷伊達家墓石群(附灯籠、香炉、花立等)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

涌谷伊達家子女墓所(お子様廟)
加賀八家墓所 附 参道及び墓道 開禅寺長家墓石3基 玉龍寺前田対馬守家墓石12基<BR/>
箟峯寺梵鐘(寛文の鐘)
箟峯寺梵鐘(寛文の鐘)

早井弥兵衛定次

香禅寺石碑群 附庚申塔(文政七年銘)
陽徳院霊屋
ページトップへ