『新薬百品考』(初・後篇) しんやくひゃくひんこう

権利者:高岡市立博物館蔵

その他の画像全8枚中8枚表示

文書・書籍 / 江戸 

訳:坪井信良 (1823~1904)
つぼいしんりょう
慶応2年/1866年
紙(和本)・木版印刷
【初・上】縦22.9cm×横15.2cm×厚0.9cm
【初・下】縦22.8cm×横15.2cm×厚1.0cm
【後・上】縦22.8cm×横15.2cm×厚1.0cm
【後・下】縦22.7cm×横15.2cm×厚0.8cm
4
富山県高岡市古城1-5
1-03-79

ドイツ医師・アセンブレナー原著。高岡医者・佐渡家出身の蘭方医・坪井信良(1823~1904)が薬品の製法、効能、用法について訳したもの。
信良の訳書は他に『カンスタット内科書』48巻、『グロス外科書』22巻など多数ある。

作品所在地の地図

関連リンク

『新薬百品考』(初・後篇)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

『和蘭薬性歌』(上・下巻)
『和蘭薬性歌』(上・下巻)

著:佐渡三良著,校閲:坪井信良,製本:英蘭堂

『医事雑誌』
『医事雑誌』

坪井信良編

16mmフィルム 映画「輝く孝道」
絵葉書「高岡御車山」
高岡絵葉書(関野神社,高岡公園)
ページトップへ