Orandayakushouuta

『和蘭薬性歌』(上・下巻)

Details

Orandayakushouuta

『和蘭薬性歌』(上・下巻)

文書・書籍 / 江戸

著:佐渡三良著,校閲:坪井信良,製本:英蘭堂

さどさんりょう,つぼいしんりょう

慶応2年/1866年

紙(和本)・木版印刷

縦22.8cm×横15.1cm×厚0.7cm(2点同寸)

2

富山県高岡市古城1-5

1-03-80

高岡市蔵

高岡利屋町の蘭方医(産婦人科)・佐渡三良(9代養順/1820~79)著。校閲は弟で幕府奥医師の坪井信良。いろは順に薬名を日蘭語で対照させ薬効を記している。
三良は漢詩にも優れた。佐渡家は高岡開町時(1609年)に前田利長に招かれた高岡最古の医者。

Related Works

Search items related to work chosen