高岡医者・金子為善堂小児薬「癇的」・「小児丸」 たかおかいしゃ・かねこいぜんどうしょうにやく「かんてき」・「しょうにがん」

民俗 / 昭和以降 / 富山県 

発売元:金子為善堂,製造元:大同製薬株式会社
かねこいぜんどう,だいどうせいやくかぶしきがいしゃ
富山県高岡市
平成期
癇的:縦10.7cm×横8.0cm
小児丸:縦10.6cm×横8.0cm
4
富山県高岡市古城1-5
2-07-46
高岡市蔵

坂下町の小児科医・金子為善堂の家伝薬「癇的」・「小児丸」(小児丸は袋のみ)。
1779年、金子恕謙は木舟町の眼科医・松田三知と共に、藩主の養嗣子の眼病を治療した。

作品所在地の地図

関連リンク

高岡医者・金子為善堂小児薬「癇的」・「小児丸」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

引札「佐渡養順・金子恕謙」
引札「佐渡養順・金子恕謙」

印刷:富山市古鍛冶町 錦廣堂・熊本甚四郎

高岡医者 ・長崎医院薬袋
絵葉書「国宝 高岡山瑞龍寺法堂」
配置薬袋
配置薬袋

富山広貫堂 売薬商・稲垣太平

『和蘭薬性歌』(上・下巻)
『和蘭薬性歌』(上・下巻)

著:佐渡三良著,校閲:坪井信良,製本:英蘭堂

ページトップへ