Okamotoseiemonshotenhaichiyakufukuro

岡本清右衛門商店配置薬袋

Details

Okamotoseiemonshotenhaichiyakufukuro

岡本清右衛門商店配置薬袋

有形民俗文化財 / 明治 / 富山県

岡本清右衛門

おかもとせいえもん

富山県高岡市

明治37年/1904

紙・袋・木版

24.1㎝×14.3㎝

1

高岡市立博物館

 本資料は高岡市の岡本清右衛門商店の売薬の配置薬袋である。
 袋の表には「官許/(商標「かぎのセ」)/越中高岡市/岡本清右衛門/御薬品々入」と木版で刷られている。裏面にはいつどの薬を幾つ入れたかを記す表が刷られている。年代は明治37年12月17日。22種の薬品名があるうち、数が記入されているのは、サフランサン、きつけ 延冷丹、赤玉 真冷丹、万病感応丸、即功紙、熊胆円、退虫丸、薄荷円、宝丹の9種である。欄外には「長右衛門様」と墨書がある。
 引札の付属品がある。木版に3色刷りの引札である。滋賀県甲賀郡油日の神農売薬株式会社の薬4種と下半分に東郷平八郎であろうか、「海軍大将」とある軍人の絵画が刷られている。

Related Works

Search items related to work chosen