岡本清右衛門商店配置薬袋 おかもとせいえもんしょうてんはいちやくふくろ

その他の画像全3枚中3枚表示

有形民俗文化財 / 明治 / 富山県 

岡本清右衛門
おかもとせいえもん
富山県高岡市
明治37年/1904
紙・袋・木版
24.1㎝×14.3㎝
1
高岡市立博物館

 本資料は高岡市の岡本清右衛門商店の売薬の配置薬袋である。
 袋の表には「官許/(商標「かぎのセ」)/越中高岡市/岡本清右衛門/御薬品々入」と木版で刷られている。裏面にはいつどの薬を幾つ入れたかを記す表が刷られている。年代は明治37年12月17日。22種の薬品名があるうち、数が記入されているのは、サフランサン、きつけ 延冷丹、赤玉 真冷丹、万病感応丸、即功紙、熊胆円、退虫丸、薄荷円、宝丹の9種である。欄外には「長右衛門様」と墨書がある。
 引札の付属品がある。木版に3色刷りの引札である。滋賀県甲賀郡油日の神農売薬株式会社の薬4種と下半分に東郷平八郎であろうか、「海軍大将」とある軍人の絵画が刷られている。

作品所在地の地図

関連リンク

岡本清右衛門商店配置薬袋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

引札「高岡薬剤株式会社 中村薬房」
高岡売薬版木
高岡売薬版木
売薬行李等売薬用具一式
売薬行李等売薬用具一式

(使用者)和田延寿堂 和田円蔵(高岡市牧野金屋)

「売薬請払帳」
「売薬請払帳」

角羽勘左衛門

ページトップへ