「売薬請払帳」 ばいやくうけはらいちょう

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 明治 / 富山県 

角羽勘左衛門 (1835-85)
かくはかんざえもん
富山県高岡市
明治17年/1884
紙・横半帳・墨書
18.1㎝×12.1㎝
1冊(墨付6丁)
高岡市立博物館
高岡市

 本資料は、銅器問屋で売薬も手掛けた角羽家の明治17年(1884)の「売薬請払帳」である。表紙には「明治十七年/売薬請払帳」とある。右上には薬品数などについての文が書かれた貼紙がある。
 内容は、まず「田代半兵衛請料」の項目で、田代より購入した金額と薬名・個数などが記されている。一部、個数を記した下に付箋が貼り付けられている。続いて「此年残薬品」の項目が設けられ、金額、薬名・個数が列記され、末尾に「〆四拾六円九拾九銭」とある。薬名は熊胆丸・奇応丸・セメン円・龍神湯・和中散・万金丹など12種が挙げられている。
 続いて薬名が3段22列にわたって列記されている。一角粉・三蔵円・肝臓円・神功丸・一粒金・紫金錠・解毒丸・五臓円など61種の薬名がみられる。
 裏表紙には「富山県射水郡高岡/小馬出町七十四番地/角羽勘左衛門」と記されている。
 ちなみに角羽家(羽広屋)は江戸後期から売薬も手掛けており、幕末から明治初期の高岡町掛場帳所有者書上(明石氏記録)によると、「他(他国廻りの意)三人 羽広勘左衛門」とある(『清水家沿革歴代資料』城宝正治、1994年、p112~114)。
 資料状態は、折れ・シワが見受けられるものの、比較的良好である。

作品所在地の地図

関連リンク

「売薬請払帳」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岡本清右衛門商店配置薬袋
売薬行李等売薬用具一式
売薬行李等売薬用具一式

(使用者)和田延寿堂 和田円蔵(高岡市牧野金屋)

田代の売薬習俗
配置薬箱(高岡市東下関 黒田孝治)
配置薬箱(高岡市東下関 黒田孝治)

平井保之(広貫堂家庭薬協同組合/富山市大町85)

配置薬袋
配置薬袋

富山広貫堂 売薬商・稲垣太平

ページトップへ