引札「高岡薬剤株式会社 中村薬房」 ひきふだ たかおかやくざいかぶしきかいしゃ なかむらやくぼう

有形民俗文化財 / 明治  大正 / 富山県 

中村薬房
富山県高岡市
明治後期~大正中期
紙・木版刷
27.2㎝×39.1
1
高岡市立博物館

 高岡の中村薬剤の引札(チラシ)である。
 左下に「越中高岡市/高岡薬剤株式会社/中村薬房」と刷られている。
 高岡薬剤株式会社は昭和16年(1941)に高岡市の豪商の岡本清右衛門と菅野伝右衛門らと合併し、大同製薬株式会社となったので、それ以前のものとわかる。
 中央には大きく馬の絵が描かれ、左下の枠外に「英国産純血/サラフレット種/日高種馬場種牡馬/ダルケチ号」とある。

作品所在地の地図

関連リンク

引札「高岡薬剤株式会社 中村薬房」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

岡本清右衛門商店配置薬袋
引札「金かんざし并にきせる商・高岡市旧旅屋門前 永森治右衛門」 
チラシ「フエナサン」
薬袋・効能書(高岡市 まきや清水薬房)
高岡売薬版木
ページトップへ