薬品用ガラス瓶 やくひんようがらすびん

その他 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期
一括
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
重要文化財

 未開封や、中に薬品が入ったままの状態のものもある。武雄には、こうした瓶入りの薬品が多く残っている。江戸時代後期、佐賀藩武雄領が行なった貿易港長崎でのさまざまな物品購入の記録である「長崎方控」中の記述でも、かなりの種類と量の薬品を購入していたことが知られるため、薬品瓶は、それらの内、残されたもののいくつかであろう。

関連リンク

薬品用ガラス瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ホクトメートル
コンパツ
なめし皮
ポケットセキスタント
半円儀
半円儀

金子吉兵衛

ページトップへ