鹿手袋の祭ばやし しかてぶくろのまつりばやし

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 

さいたま市指定
指定年月日:20160330
無形民俗文化財

昭和30年代にお囃子が衰退期を迎えた頃、地言(ジゴト)が作成され現在まで継承される。現在、奏者や指導者はおよそ4世代にわたり、高校生や小学生、幼稚園児なども練習に参加するなど幅広い年齢層が参加している。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

鹿手袋の祭ばやしチェックした作品をもとに関連する作品を探す

博多松ばやし
流山の祭囃子、神楽等
鴻八幡宮祭りばやし(しゃぎり)
桑名石取祭の祭車行事
入江和歌囃子
ページトップへ